プロジェクトマネージャ試験・システムアーキテクト試験対策 情報処理試験対策について語る

プロジェクトマネージャ試験・システムアーキテクト試験対策として立ち上げたブログ 論文サンプル、勉強方法などを紹介予定 システムアーキテクトはこれから受験するにあたっての勉強工程を紹介

プロジェクトマネージャ試験 論文サンプル 「兆候」をテーマにした問題(進捗遅延)の例

プロジェクトマネージャの論文対策として、論文サンプルを載せている参考書は多いが、短文問題形式にしている参考書は殆どないガーン

 

そこで、不定期ではありますが、論文で使えるネタを一問一答形式で出題しますラブ

 

はじめに「兆候」について考えてみました(*^▽^*)

 

■問題1(論文の過去問より考えた問題)
進捗遅延の「兆候」として考えられるものを答えよ

 

爆  笑ニコニコニヤリウインクおねがいラブ照れびっくり

 

答え

■答え
・残業時間の増加ガーン
・生産性の悪化ゲッソリ
・顔色が悪い、体調不良、遅刻欠席の多発ショボーン
・レビュー指摘件数の多発ガーン

※マーカー部分は最重要


をつけなければいけないのは、「兆候」に対する言葉として「顕在化」がある。

 

進捗遅延の「兆候」として許されるのは上記のとおりである。(過去問から抜粋)

 

兆候について問われているのにSPIが0.9となったなど顕在化した問題点を書いた時点でOUTだと思っていいガーン

 

・残業時間の増加
 残業でカバーしているので、その日の進捗としてはカバーできている=進捗遅延していない
 ※残業代が発生しているので、コスト観点では超過している可能性はある

 

・生産性の悪化
 生産性のが悪化すると、進捗遅延につながる。
 厳密に言えば兆候に入らないかもしれないが、過去問を見る限りこれは兆候例として使える

 

・顔色が悪い、体調不良、遅刻欠席の多発
 その人が倒れて会社来なくなってしまったら、進捗遅延につながる

 

・レビュー指摘件数の多発
 指摘が多発することで、「手戻り」が発生し結果的に進捗遅延につながる可能性がある

 

上記を含め、論文サンプルを多数動画解説

沢山の引き出しを増やしたい方は

今すぐアクセス!!